DISC SHOP ZERO

» Just In » Pre-Order » Single Of The Day » Search » Your Bookmark » Cart » MyPage
» News » 営業時間 » Twitter » Facebook » Tumblr » Bristol » BS0

E-JIMA's blog

 DISC SHOP ZERO代表の個人ブログ。
 

proto-skweee

EURYTHMICS - WHO'S THAT GIRL

SKWEEEにまつわる情報を掲載しているskweeelicious!でのRANDY BARRACUDAインタヴューで、“スクウィー原型”に言及している部分がありました。

Skweeelicious: Let's start with the beginnings of skweee. Clearly there were multiple lines of influence. What styles do you think were the direct precursors to this music?
Randy Barracuda: Wild styles.
S: Which artists do you think were the most important in terms of providing the inspiration for skweee?
R: Personally the biggest influences were maybe Zapp, Arabian Prince, Kraftwerk, west coast funk, Steve Poindexter, Italo disco, Justin Timberlake and Ryuichi Sakamoto. Also Eddy Grant and 60's experimental electronic music.
S: How would you define "proto-skweee"?
R: this
I think skweee and proto-skweee are the b-side of pop music.

ということで、掘ってみましたEURYTHMICS。
You Take Some Lentils... And Yoou Take Some Rice
ABC (Freeform)

上は1983年のシングル『WHO'S THAT GIRL』B面に収録されている2曲。確かに?!ですよね。こういうルーツ的な部分が分ったりすると、新しい音楽をまた違った角度で楽しめるし、逆に言えば、こういうルーツがあるからこそ新しい音楽が生み出せるようになるのかもしれませんね。そう考えると、ここ日本にも大きな可能性があるような気がします。
ZEROとしても、コレからもそんな提案がどんどんできたらいいなぁと考えています。


 
 
Comment






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
http://discshopzero.blog63.fc2.com/tb.php/170-df96ed6e
 
 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
instagram


» もっと見る
 
タグクラウド

 
DISC SHOP ZERO blog
 
BRISTOL blog
 
最新記事
 
月別アーカイブ
 
カテゴリ
 
最新コメント
 
リンク(はてな経由)
 
Skype Me!: discshopzero
My status

Skype名: discshopzero
 
全記事表示リンク
 
ブログ内検索
 
プロフィール

E-JIMA

Author: E-JIMA
下北沢DISC SHOP ZEROの中の人。
www.discshopzero.com

 
DSZソーシャル
DISC SHOP ZERODISC SHOP ZERODISC SHOP ZERODISC SHOP ZERODISC SHOP ZERODISC SHOP ZERO
 
全記事表示リンク
 
DSZ入荷速報


» もっと見る
 
BS0 Radio
 
DSZ人気サウンド
 
リンク
 
way to DSZ
 
RSS
 
QRコード
QRコード
 
ブロとも申請フォーム
 
FC2カウンター
 
E-JIMA's 外仕事
Top
Copyright © E-JIMA / Designed by Paroday